『大物』

2011.07.03.Sun.07:58


【キャスト】
コ・ヒョンジョン、クォン・サンウ、チャ・インピョ、イ・スギョン

【ストーリー】
10年前、高校生のハ・ドヤ(クォン・サンウ)は、アナウンサーの面接に行くソ・ヘリム(コ・ヒョンジョン)を助ける。ドヤは不良だったが、父親が権力者に辱められたことから奮起、またヘリムのためにも頼もしい男になろうと検事を目指す。一方ヘリムはアナウンサーになるが、夫がテロリストに拉致され帰らぬ人となったときの、国民に対しての国の無力さ・非情さに失望。放送局に対抗したため解雇され、故郷に戻る。ドヤは努力の末、検事になったが、“熱血"があだとなり地方へ左遷され、そこでヘリムと再会を果たす。ひょんなんことから縁が続く二人だったが、ドヤの熱い思いに支えられ、いつしかヘリムは韓国初の女性大統領を目指すことになる。


見終わりました~『大物』
ずっと苦手だったコ・ヒョンジョンssi、見事克服です
一般女性から国会議員になり初の女性大統領にまで上り詰めるストーリーですが体格&雰囲気・・・大物の風貌があるとでもいいましょうか・・・国会議員の時は国会議員の顔。大統領になれば大統領の顔に見えてくるから不思議です。
それだけ彼女にこの役はピッタリだったのかもしれません。

政治の裏側のドロドロした派閥争いも描かれていたこのドラマ。
ホッとさせてくれたのがクォンサンウ演じるドヤだったと思います。
ヘリムと同じくドヤが登場する場面ではそらもホッとしながら見ていました。
ちょっと熱血すぎて無茶ぶりしてたので最後死んじゃうのかもと思いましたが大丈夫でしたね
あと全然ドラマと関係ないんですけど、うちの母がちらちらTVを見ながら「クォンサンウ若くなってない?」としきりに言っていました。
そらもこのドラマ見て思ったんですよね~!
ヘアスタイルのせいかな?

それからこのドラマでは3番手かもしれませんが、チャ・インピョssiの演技凄かったです。
いや、ホントに実在してるんじゃないかと思うくらい真に迫った演技でドラマだと分かって見ているんですけどホントの政治家みたいでした。
特に大統領選の時の国民に訴えるシーン特にこのセリフ「国民の皆さん!(クンミンヨロブン)」が今もって頭から離れません。
コ・ヒョンジョンssiが主役なのですがそらの中ではチャ・インピョssiもまた主役だったと思います。

ヘリムは純粋で真っ直ぐな一年生政治家でしたが、カン・テサンは酸いも甘いも知った政治家の中の政治家でしたね。

日本の国会議員の大半はカン・テサンなんでしょうね・・・・
日本の政治家の皆さんに見てもらいたいドラマです。
自分達が政治家になったのはなぜなのか・・・その原点に立ち戻ってもらいたいです。
特に今の日本の現状を見れば自分達が何をすべきかおのずと分かってくると思うんですけどね。

それから日本の政治に失望感がある人々にも見てもらいたいドラマですね。
この日本の政治のゴタゴタ劇。
政治家だけが悪いんじゃないんですよね・・・
その人達を選んだ国民である私達にも責任があるんですよね・・・
もっと声をあげて叱咤激励をしないといけないのかも・・・


今、このタイミングで見たからでしょうか「面白おかしいドラマでした~♪」とこの一言では済まされない、色々と考えさせられるドラマでした。

コメント

管理者にだけ表示を許可する