スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『エデンの東』

2010.09.19.Sun.14:29
エデンの東[ノーカット版] DVD-BOX1エデンの東[ノーカット版] DVD-BOX1
(2009/07/03)
ソン・スンホンヨン・ジョンフン

商品詳細を見る


【キャスト】
ソン・スンホン, ヨン・ジョンフン, イ・ヨニ, ハン・ジヘ, パク・ヘジン

【ストーリー】
貧しい鉱夫の息子、ドンチョル(ソン・スンホン)とドンウク(ヨン・ジョンフン)は、炭鉱会社の社長のせいで死に追いやられた父の復讐をするために生きる。ドンチョルは、炭鉱会社社長の陰謀によって少年院に連れて行かれ、マフィアに成長する。一方、ドンウクは逆境を勝ち抜いてソウル大法大に進学し検事となる。しかし、ドンウクと同じ日に生まれた炭鉱会社社長の息子シン・ミョンフン(パク・ヘジン)が、実はドンチョルの実の弟で、復讐の対象だった社長は、ドンウクの実の父であった事実が発覚、兄弟は宿命的な葛藤に直面する。



『エデンの東』見終わりました。。。。

ひとこと「なんか、疲れた


とにかく、シン・テファンが本当に悪いやつで実の息子までも悪事に利用するようなふとどきな奴で、最後の方は顔も見たくないくらい嫌いになってました。
いつか改心するのかな・・・と少し期待して見ていたんですけど、そんな事はこれっぽっちもなく予想通りの幕引きになりました。

あとイ・ドンウク(ヨン・ジョンフン)とシン・ミョンフン(パク・へジン)。
この二人、同じ日、同じ時間、同じ病院で生まれたんだけどユ・ミエの復讐に利用され夫々敵対する家の子として育つんだけど。。。。
ホント、ヨン・ジョンフンssiとパク・へジンssiが上手かった
最初、貧しい鉱夫の子として育ったドンウクは本当に母思い、いつも「ヒョン(兄さん)!」って言ってる兄思いの笑顔が素敵な優しい子だったのにシン・テファンの子と知り検事となってからの後半のドンウクは冷酷非道な鬼のように見えたよ。
とても同じドンウクには見えなかった。

そして相反して最初冷酷非道だったシン・ミョンフンはドンチョル(ソン・スンホン)の弟と知ってからは一転して優しい子に。。。。
最後は自らの手で育ての親であるシン・テファンの不正を世間に暴露したんだよね。。。

それにしてもこのドラマはメインキャラからサブキャラまで一人一人が上手かったね。
ソン・スンホンssiは除隊後初のドラマだったんだけど頑張ってたよね~
彼にとっては良い作品に恵まれたよね。
(ただ、やっぱり裏社会のドンチョルを演じても『秋の童話』のジュンソや『夏の香り』のミヌっぽいっていうか、汚れ役がイマイチ似合わないというか・・・

あとひとつ・・・だったのがイ・ヨニssi。
イ・ヨニssiではソン・スンホンssiの相手役にしては若すぎた気もするし、なにより演技力にちょっと問題ありだったかも。。。
周りの人達が演技派、勢ぞろいって感じだったからね。

・・・でラストなんだけど、「あぁ~やっぱりね、こう終わるしかなかったのね」という終わり方でした。
全56話と本当に長いドラマではあったけど、そらは見て良かったです。
キム・ボムssiがめちゃくちゃ演技派だった!って事も分かりましたし大収穫なドラマでした。

ただしばらくは復讐劇の重いドラマは見るのをやめて明るいドラマを見たいと思います!
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。