スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カインとアベル』

2010.08.08.Sun.20:00
カインとアベル DVD BOX Iカインとアベル DVD BOX I
(2010/04/28)
ソ・ジソブシン・ヒョンジュン

商品詳細を見る


【キャスト】
ソ・ジソブ, シン・ヒョンジュン, ハン・ジミン, チェ・ジョンアン, クォン・ヘヒョ

【ストーリー】
愛する人よ、なぜ僕を捨てたのですか?~
真実の向こうには、想像を超えた悲しみが待っている・・・
大病院を舞台にした兄と弟、そして二人をめぐる女たちの壮大なるヒューマン・ラブストーリー。


こんばんは、そらです
もうお盆休みのところも多いみたいですね。
そらは11日からお盆休みです。
あと2日、頑張って仕事したいと思いま~す。

さて今日は録画事情がよろしくなく、一時期視聴を中断していた『カインとアベル』を見終えました。
前半は中国を舞台に兄のソヌから命を狙われたチョイン(ソ・ジソプ)が兄の雇った殺し屋から殺されかけ、、一命は取り留めたものの記憶をなくし、中国で出会ったヨンジと記憶をなくしたまま暮らす。
・・・といった感じで進み。
後半は記憶が戻ったチョインが病院へ再び戻って、自分を殺そうとしたのが兄ソヌだと分かり復讐を始める。
・・・といった感じで進みます。

後半は本当に面白いというかチョインは自分を殺そうとしたソヌを許すのか、許さず復讐をするのかが気になってどんどんストーリーにハマっていったんですけど、前半が結構難関かも。
中国編で脱落する人が多いんじゃないかなぁ~
そらもその一人になりかけていたし。
録画が途中出来なくなったのがその辺りで、今回再放送を見なければ多分このドラマは完走しなかったと思う。

でも見終わって良かったと思いました。
良いドラマでした。

仮にチョインがソヌに対して復讐を成し遂げたとしても何も残らなかったと思う。
だからといって自分を殺そうとした兄を許すことは出来ないと思うし。。。
ホント、ラストはどう完結するんだろうと思いました。

結局、チョインはソヌを完全に許す事はできなかったけど「許そう、いつかは許したい」という気持ちが最後の涙に表れていたように思う。
そしてソヌも言葉を発することは出来なかったかけれど、きっとあの涙は「ミヤナダ、チョイナ~ チョンマル ミヤナダ」と言いたかったんじゃないかな。。。。。

そして二人の傷ついた心をヨンジとソヨンが癒していってくれるんだろうな・・・


そら的にはお薦めなドラマなんですけど、ちょっと好き嫌いが分かれちゃうかもしれませんね。


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。