スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年韓国旅行記 5月3日編 その①

2010.05.08.Sat.19:43
5月3日(月)

昨日、帰りが遅かったわりには8時起床となかなか早めに起きたそら達
ドロスだったら朝食付なんですけど、レジデンスなんでもちろん朝食なし

今朝はこれまた前から食べてみたかったコンナムルクッパ(豆もやしスープご飯)を
食べに明洞へ行くことにしました。

10時30分頃、到着。
お店の名前は『タムナルコンナムルクッパ』
ちょっと遅めの朝ごはんです。
時間が中途半端だったからかな?
そら達以外、お客さんがいなくてこれまた昨日のバスと同じく貸切状態でした

P1000765.jpg

お店はとても奇麗で思っていた『ザ・食堂って感じではなかったです。
アジュンマ達がテーブルセッティングしてるものだから「もしかしてまだ準備中だったのかな?」
と友達と話したんですけどふと壁の張り紙を見ると朝7時からと書いてあったので一安心

注文してちょっと待っていると出てきたのが壷に入った白菜キムチと大根キムチ、
少し火の通った半熟卵の入った器とご飯が出てきました。

P1000764.jpg

「この卵は何だろうね・・・?」
と話しているとアジュンマが熱々のコンナムルクッパを笑顔で運んできてくれました。

ジャジャ~ンこちらが『コンナムルクッパです。
具はもやしとねぎのみ。

P1000766.jpg

しか~し、食べ方がさっぱり分かりません

するとアジュンマが食べ方を説明してくれました。
まず卵の入った器にスープを2、3匙入れよくかき混ぜて、横のタッパに入っている
韓国のりをドバっと入れ、また混ぜてトッペギに入っているもやしをこれにつけて
食べなさいという事でした。

早速、見よう見真似で食べ始めたそら達。

これまた「おいしい~」のひとことでした。
最初、薄味なのかなぁ~と思っていたんですけど、しっかり味がついていました。
しかも唐辛子が利いていてピリリと辛い。
キムチも浅漬けっぽくて美味しかったです

けど、もやしをメインに食べる料理っていうのも面白いですよね。
こちらのコンナムルクッパのお値段は5,000ウォンでした。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。