5月:「帰ってきたファン・グンボク」

2017.05.11.Thu.20:15
ファン



【キャスト】
シン・ダウン、イ・エリヤ、ジョン・ウヌ、キム・ジヌ

【ストーリー】
一家の家長であると同時に、環境美化員(韓国でいう公共の清掃員)であった母親が失踪した事件をもとに、自分の秘密を隠し通していなければならかった財閥家の女性によって、犠牲となったある娘の痛快な真実探しを描いたドラマ。
母親のため、世の中に対抗して戦っていく娘の話であると同時に、愛する女性を探し出すため、自分の全てを投じた一人の男の話でもある。

全125話見終わりました。
ひとこと長かった。。。。

タイトルからしてグンボクが主役だとは思うんですけど、後半は完全に母親ウンシルが主役になっていました。
確かにグンボクって主役のわりには華がないなと最初から思ってはいたんですけど、後半は母親ウンシルの復讐に燃えてあれだけ好きだったムヒョクと敵対。
二番手でフェードアウトしていくであろうと思っていたイヌが浮上してまさかグンボクと結婚するとは!
ムヒョクとか最初はTSグループの常務理事で仕事も出来て性格もいいし申し分ない御曹司だったのに、後半はことあるごとに泣いてあんな情けない姿になるなんて。。。
全てはあの母親のせいだ!

そして実はTSグループの代表テジュンの娘だったというグンボク。
それまで貧しい姿を見ていたせいかいきなり綺麗な服を着てもイマイチ似合っていないというか。。。
とにかく主役を母親に持っていかれて存在感薄って感じになってしまいましたね。

あとムヒョクの二人の父親。
息子溺愛しすぎ!!!!!!
特にテジュン、手握ったり抱きしめたり、見てるこっちがドン引きするくらいでした。

ストーリーはムヒョクの母親が自分の地位と息子を守る為に邪魔なウンシルを殺そうとし、ウンシルの親友であるリヒャンがそれに加担。
ウンシルやグンボク、イヌなどの執念で罪は暴かれるんだけど、最終回服役を終えたリヒャンの元へウンシルやグンボクたちが訪れて笑顔で終わり。。。。。


ありえない。。。。。。


仮にもウンシルは殺されかけたのに全員笑顔で元通りとかありえないでしょ。
なんか拍子抜けしてしまいました。
コメント

管理者にだけ表示を許可する