8月: 『ゆれながら咲く花』

2014.08.10.Sun.19:55


【キャスト】
チャン・ナラ、イ・ウンボク、チェ・ダニエル、ヒョヨン、イ・ジョンソク

【ストーリー】
スンリ高校2年2組は成績全校1位の生徒と全校最下位の生徒、優等生、不良学生が混在する問題のクラス。生徒にはそれぞれの家庭事情や悩みがあり、担任のチョン・インジェ(チャン・ナラ)は彼らと向き合い力になろうとする。ある日、スンリ高校に新しい教師としてカンナムの予備校の人気講師カン・セチャン(チェ・ダニエル)が赴任してくる。成績主義で生徒に興味のないセチャンと、生徒一人一人の内面を大切にするインジェは対立していくのだが・・・


『ゆれながら咲く花(原題:学校2013)』見終わりました。
教育現場を舞台にした、まさに今韓国で起きているであろう「学校&教育」という
問題に直視したドラマだったと思います。

前にも書きましたが先生達は教育システム、過保護すぎる保護者、そして不安定な時期
の生徒達に挟まれ、本当に大変な仕事だと思いました。

何か問題が起きれば親がすぐ学校へ出向きわが子の非は全く認めず、先生や学校のせいにする。
他人の事はどうでも良い、先ずは自分優先。
親がそんな育て方をしているから子供も優劣をつけたがり上位に立てば下を蔑み、
ちょっとつまずくと人生終わりかのようにボロボロになってしまう。。。。。
とにかく勉強、勉強、勉強して良い大学に入りさえすれば良い就職先に入社できて
明るい未来が待っていると。。。。
人生、勉強がすべてではないのに。
色々と考えさせられました。

そして2年2組の担任二人。
チョン先生ことチャン・ナラssi。
本当に生徒想いの良い先生でした(;_;)
チャン・ナラssiといえば童顔が売りのラブコメのイメージしかなかったのですが
ここにきて良い役に巡り合えましたね!

それからカン先生ことチェ・ダニエルssi。
最初は塾上がりの冷たい先生でしたが、そうなってしまったのには大きな理由があって・・・
親身になって生徒と真っ直ぐに向き合うチョン先生とはかなり対照的。
二人担任だからこそ夫々の長所と短所が補えて、良いバランスが取れていたと思います!

このドラマ現役高校生はもちろんですが、色んな人に見てもらいたいドラマだと思いました。
ラブコメや復讐ものも良いですが、リアルな韓国を知るうえでこういうドラマもお薦めです。

コメント

管理者にだけ表示を許可する