スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月: 『永遠の0』

2014.01.25.Sat.14:13


『永遠の0』見てきました。

影響を受けやすいのでこの手の映画を見るのは避けてきたのですが、
見に行って本当に良かったです。

自分が今ここに生きる意味。
それを改めて考えさせられた映画でした。

上手くは言えないんですが
今、自分たちがこうやって普通に暮らしていることが、どれ程幸せな事なのか。
「戦争」「特攻」・・・経験したことのない私にとっては言い方は悪いですが昔話でリアルなものではありませんでした。
でも今日映画を見てリアルなものだったんだと。
上手く書けないんですけど戦争を経験していなくても、自分が今生きているのは戦争で亡くなった方たちの想いがずっとつながって現在に続いていて、これから先も続いていくんだと。。。。

よく戦争の事を「後世に伝えていかなければならない」とTVなどで言っていますが、その深い意味が初めて分かった気がしました。

とにかく後半から最後は涙が止まりませんでした。

ただ涙が込み上げてくるこの感情、心の奥底が熱くなるこの感情が何なのか。
ただ悲しいとか可哀想だけじゃない、なにか複雑なこの感情。

宮部の事、実際に戦争で亡くなった方たちの事を思えば悲しい、けれど今の日本の姿、自分の生き方を思うと腹立たしいとまでは書きませんが今のままで良いのかと思ったり、いろんな感情が湧き上がって涙になってしまいました。

この映画、戦争を知らない若い人ほど見た方たいい!
今、見るべき映画でそして何か感じとって欲しいと思いました。



なんか支離滅裂な文章になってしまいましたね。
すみません

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。