スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『イタズラなKiss~Playful Kiss 』

2013.11.11.Mon.20:30


【キャスト】
キム・ヒョンジュン、チョン・ソミン、イ・テソン

【ストーリー】
2年前の夏 、夢の中で眩しい森の精霊と出会ったオ・ハニ(チョン・ソミン)。彼女はパラン高等学校1組のエース、ぺク・スンジョ(キム・ヒョンジュン)が、自分が夢で見たその森の精霊だと固く信じ、熱烈に彼に片思いをしている。彼女の親友であり同じく暗い7組に在学中のジュリとミナは、そろそろ堂々とスンジョに告白しろとハニをそそのかし・・・。ついに勇気を出してスンジョにラブレターを送ったハニ!しかし返ってきたスンジョの反応は冷淡きわまりなく、その事件はいわゆる`オ・ハニ屈辱事件'として校内に広まる。一方、軽い地震で家が崩れ、行き場所がなくなったハニの家族はキドンの友人の家に世話になることになるのだが、そこはなんとスンジョの家だった・・・。


韓国版イタキス、見終わりました!!!!
台湾版⇒日本版に続き韓国版を見たわけですが、一番ストーリーの流れがスムーズだったのは韓国版だったかも。

鉄板の台湾版はパート1で結婚まで、パート2で結婚後というストーリーだったのでイタキスファンにとっては大満足の作品であること間違いなし
何よりジョセフ入江が半端なくカッコよくて入江くんはジョセフしかいないと思ったんですよね。
(古川くんの入江直樹を見るまでは

あまりにもジョセフ入江が完璧すぎてそのあとの韓国版はサッパリ見る気が起きず・・・・
(そのときはキム・ヒョンジュン見ても「花より男子」の花沢類のイメージが強かったってのもあるんですけど。)
・・・で結局お蔵入り。

しかし再び日本版でイタキスに火がつき、やっぱ韓国版も見とかねばと思い立ち視聴となったわけですが。

上にも書きましたがストーリーの流れは韓国版が一番スムーズだったと思います
ただ、やっぱりキム・ヒョンジュンは入江くんではなかった。
まず字幕が入江直樹ペク・スンジョ、相原琴子オ・ハニって時点でイタキスじゃなくなった感じなんですよね~
せめて字幕だけでも入江直樹&相原琴子だったらもう少し感情移入できたかも。

キム・ヒョンジュンの入江直樹は・・・でしたがチョン・ソミンちゃんのオ・ハニは可愛かったです
多分、「宮」とか見てる頃だったらきっと相当この韓国版イタキスにも嵌ってたんじゃないかなと思います。
やっぱりドラマは見るタイミングも大事ですよね。

日本版を見る前に韓国版見とけばよかったかも



コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。