『いとしのソヨン』

2013.07.15.Mon.15:28
20130304_516706.jpg




【キャスト】
イ・ボヨン、パク・へジン、イ・サンユン、イ・ジョンシン

【ストーリー】
司法試験を目指しているソヨンは、博打好きで借金を重ねる父サムジェのせいで、高校時代から苦労ばかり。医大に進んだ双子の弟サンウの学費を工面しながら、自分も法学部に通っていた。大学4年生の夏休み、父の借金の返済で、休学の危機に瀕したソヨンは、一流企業社長カン・キボムの末息子ソンジェの家庭教師の仕事を始める。カン家の長男ウジェは、住み込みで働きながらも、決して笑顔を見せず、心を開かないソヨンに積極的にアプローチ。ソヨンもまた、ウジェの優しさに惹かれていくのだった。




大事に見てきた『いとしのソヨン(原題:私の娘ソヨン)』が昨日最終回を迎えました!
第49話は涙が止まらず、「これは最終回はティッシュでは間に合わないかも!」と思いましたが号泣とまではいかず、暖かい涙を流して終わりました。

見終わっての感想は「脚本が素晴らしかった!」そして「イ・ボヨンの代表作」になりましたね。

イ・ボヨンssiの出演するドラマはいくつか見てきましたが、どれもパッせず印象に残らない作品が多かったのですがこのソヨンはピッタリとハマりましたね!
本当にソヨンその人でした!


このドラマをひとことで言うなら「複雑に硬く絡まった糸を少しずつ解いていくドラマ」でした。
親も色々いるわけで自慢できる親もいれば隠しておきたいような親もいると思います。
父親の借金を肩代わりし、高校中退して双子の弟サンウを医大へ進学させ、自分をやりたい事を我慢し気持ちを抑え込んできた人生だったわけでそんなソヨンを見ていると父親へ対する怒りや怨む気持ちは分かるような気がしました。

そしてウジェとの結婚話となり、とっさに父親は亡くなったと嘘をついてしまったソヨン。
一見幸せな結婚生活を送っているように見えたソヨンとウジェだったのですが、やはり嘘はいつかばれるもので・・・・・

嘘が少しずつバレていったあとの展開が胸が詰まる思いで見ました。
(憎んでいる相手をあなたは許せますか?と自分に何度も問いかけられているみたいで。)
そしてとても父と娘、家族とはを考えさせられるドラマでした。

久しぶりにホームドラマで本当にお薦めできる作品でした。
ぜひ機会があれば沢山の人に見て頂きたいですね!


さて登場人物を話を少し書きたいと思いますが。
このドラマではサンウの評判良かったみたいですけど、そらはサンウには落ちなかったです。
どっちかというとホジョンのひた向きさ(一つ間違えるとストーカーだけど)というか一途さに惚れました
男性でいえばウジェの男らしさとソンジェの優しさを足して2で割った感じの男性が好きかな~♪

登場人物の面々全てが個性的なキャラだったのもこのドラマの魅力の一つでした



コメント

管理者にだけ表示を許可する