『赤道の男』

2012.11.27.Tue.18:00


【キャスト】
オム・テウン、イ・ボヨン、イ・ジュニョク、イム・ジョンウン

【ストーリー】
詳細はこちらから(KNTV)


『赤道の男』見終わりました!!!!!
善と悪がはっきり分かれて描かれるのが復讐劇のドラマのはずなのに、このドラマを見終わった後のこの言い表せない気持ちは何なんでしょうね。。。。

このドラマだと善はオム・テウン演じるキム・ソヌ。
悪はイ・ジュニョク演じるイ・ジャンイル。

息子への期待が大きすぎ大学進学の援助をしてもらう代わりに親友であるソヌの父を殺してしまった父。
その父を守ろうと親友ソヌに対して殺人未遂まで犯してしまってジャンイル。
そして月日は流れジャンイルはスター検事になるわけですが・・・

記憶喪失&失明という障害を負ったソヌが再びジャンイルの前に現れ復讐劇が始まり・・・
この時はまだキム・ソヌに当然肩入れして見ていたのですがソヌへの罪悪感を抱きつつも今のこの地位を失いたくないという保身に挟まれ段々壊れていく姿を見るうちに、父を守るために殺人未遂を犯してしまったジャンイルも可哀そうだと思い始めたら善と悪の境がうやむやになっていきました。

そしていつのまにかソヌよりジャンイルに感情移入していました。
(復讐に燃えるソヌの方が悪に見える時もあり・・・・)

とにかくソヌとジャンイルを演じるオム・テウンssiとイ・ジュニョクssiが上手かった!
オム・テウンssiの代表作といえばそらの中では『復活』が1番で2番に『善徳女王』だったんですけどこの『赤道の男』が2番に上がりましたね
あの失明している時の演技、そして視力を取り戻し復讐が始まるサインとなる目の焦点が合う瞬間、全てにおいて惹きつけられる演技でした。
ただイ・ジュニョクssiと同級生という設定は厳しかった
(お肌の張りが全然違うし
あと20代の大学生も厳しかった!
(それはイ・ボヨンssiにも当てはまりましたが
最後にあの茶髪&ヘアスタイル。
若く見せる為なんだろうけどあのちびまるこちゃんに出てくる花輪くんのようなヘアスタイルに最後まで馴染めませんでした
100108-001.jpg

そしてイ・ジュニョクssi。
この『赤道の男』は当然オム・テウンssiが主役ですが後半は主役を食ってしまうほどの迫真の演技だったと思います
ソヌとの心理戦にドキドキしっぱなしで見る方のこっちもずっと肩に力が入り疲れてしまいました。
心理戦のドラマだったので結構無言で見つめあうシーンが多かったんですけど、彼の目の演技も凄かった。
ずっと緊張&威嚇した目つきだったんですけど、最後にソヌ見せた高校生に戻った時の優しい笑顔を見た時にホッとしました。
ソヌへの罪悪感から解き放たれた瞬間でしたね。
彼の次回出演作が楽しみ~と思ったんですけどこのあとすぐに兵役に就いてしまったジュニョクssi。
残念ですが2年間待ちたいと思います。

それから今回苦手意識を克服できたのがイ・ボヨンssi。
数々のドラマに主役で出演している彼女ですが、どうも華やかさがないというかそらは苦手な女優さんの一人だったんですけど今回のハン・ジウォン役はピッタリでした。
物静かだけど芯がしっかりしているというか、お嬢様の役よりこういった等身大の普通の女性役が合うような気がしました。
今現在、韓国で放送中の『私の娘ソヨン』も見て見たいなぁ~と思いました。

このドラマ全20話と少し長いですがキャスト・脚本・演出ともに素晴らしい作品でした。
ぜひ機会があったら見て欲しいドラマです




コメント

管理者にだけ表示を許可する