スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『製パン王キム・タック』

2012.01.13.Fri.19:49


【キャスト】
ユン・シユン、チュウォン、ユジン、イ・ヨンア、チョン・グァンリョル

【ストーリー】
コソン食品の会長ク・イルチュンの妻インスクは、後継者となる息子を産むことができず、姑から冷遇されていた。そんな中、コソン家の使用人のミスンがイルチュンの子供を身ごもる。激怒したインスクは予言者の「夫との間に息子は授からない」との言葉を受けて秘書のハン・スンジェと関係を持ち、念願の男児を身ごもる。ミスンはインスクから危害を加えられることを恐れて身を隠し、密かに息子のタックを出産する。やがて小学生に成長したタックは母から自分の素性について明かされ、コソン家に引き取られるが、その直後、母はインスクの手の者に拉致されてしまう。



見終わりましたぁ~というか、とうとう見終わってしまいました
終わりが近づくにつれて「あぁ~もうすぐ終わってしまう」と寂しくもあり。。。
全30話、全く飽きることなくあっという間でした。

そもそも、そらには苦手な時代設定だったんですが苦手意識はぶっ飛ぶほど面白かったです。
多分、ストーリー展開が早かったこと、そらの大好きなパンが沢山出てきたことが良かったんだと思います。

それから主人公キム・タックがそらの大好きキャラだったことが大きいです。
何度も危ない目に合いながらも持ち前の明るさと真直ぐな性格で周りの人達を味方につけていく主人公のタック。
特にキム・タックを演じるユン・シユンssi。
タックの真直ぐなキャラクターがピッタリでしたね。
シンクロ率100%だったと思います。

ただライバルのマジュンがちょっと。。。イマイチ共感できず。
彼は彼なりに生い立ちや父と母の罪を知って苦しみ悩んでいたと思うけど、「荒れてたなぁ~」って印象しか残らなかったなぁ~。
ただ、最終回は笑顔が見れて良かった!
(ずっと眉間にしわ寄せてたからね

それからもっと共感出来なかったのがユギョン。
まず見た目が・・・
タックやマジュン、ミスンと比べると一人お姉さんに見えてしまって
貧しい生活から抜け出したいというのは伝わってくるんだけど。。。。
タックを捨ててまでマジュンを選んだのにね。
結局、何がしたかったのかそらには良く分からなかった。

他にも書きたいことはいっぱいあるけどこの辺で。

年少時代、パルボンベーカリーでの修業時代、コソン食品後継者争いと分けるならそらは笑いあり涙ありのパルボンベーカリーでの修業時代が一番好きでした。

2010年最大のヒットとなった『製パン王キム・タック』
とにかくストーリー展開のテンポが良くて見ごたえありのドラマでした。
お薦めです

SJのギュが歌う「希望は眠らない夢」も良かったですよね
やっぱり、ギュ歌うまい




コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。