スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月:「 W -君と僕の世界-」

2017.06.28.Wed.20:00



【キャスト】
イ・ジョンソク、ハン・ヒョジュ、キム・ウィソン

【ストーリー】
研修医として平凡な日々を送っていたオ・ヨンジュは、ある日、父が描いた大人気ウェブマンガ「W」の絵に吸い込まれ、マンガその世界に入り込んでしまう。そこで彼女が出会ったのは、幼い頃から“理想の恋人”として思い描いていた主人公カン・チョルだった! その日以来、現実とマンガの世界を行き来するようになったヨンジュは、次第にチョルへの想いを募らせていく。一方、ヨンジュのことが気になり始めたチョルは、彼女の正体を探ろうとするが、その過程で自分の世界が“マンガ”であることを知ってしまい…!?


2016年MBC演技大賞を席巻した話題のドラマ「W -君と僕の世界-」一気に見てしまいました!
このドラマ、イ・ジョンソクくんとハン・ヒョジュちゃんの異次元ラブストーリーと思っていたら、異次元サスペンスラブストーリーだったんですね。
しかもかなりサスペンス色が強くてサスペンス&バイオレンス&ラブストーリーといった感じのドラマでした。
ドラマの内容に触れるとネタバレになっちゃうので詳しくは書きませんが漫画「W」の世界で生きるカン・チョルと現実世界に生きるオ・ヨンジュ。
決して出会うことのない二人が出会い、そして愛し合うように。。。
そのせいでヨンジュが漫画の登場人物になり、少しずつ漫画の世界と現実世界に歪みが生じることに。
そしてとうとう漫画の世界が暴走し始めます。

少し前に「ピノキオ」を見たばかりでハミョンだったのにもうすっかりカン・チョルになりました。
でもイ・ジョンソクくんが演じた役「君の声が聞こえる」のスハがやっぱり一番ですが、二番目に好きなのはカン・チョルかも。

カン・チョルの設定自体、完璧なルックス&カリスマ&会社代表&大富豪。
漫画だからこそ出来るキャラクターが現実世界に現れたら恋しちゃうでしょ!
その完璧カン・チョルをイ・ジョンソクくん見事に演じていましたね。
本当に彼は演技が上手いなぁ~ってどのドラマを見ても思います。
そのキャラと100%シンクロしてるんですよね。

そして今回のヒロイン、ハン・ヒョジュちゃんとも相性バッチリ。
二人、本当にお似合いでドラマであることを忘れて二人が漫画の世界と現実の世界へ離れ離れになったときとか「どうなっちゃうんだろう・・・」ってハラハラドキドキしながら見ました。
ドラマを見ている視聴者なんだけど漫画を読んでる読者でもあるような不思議な錯覚を起こすドラマでした。

それにしてもハン・ヒョジュちゃん、可愛かったですねぇ。
彼女もまた演じるキャラクターとシンクロ率100%ですね。
オ・ヨンジュというキャラともピッタリ。
駆け出しの外科医で真っ直ぐな性格のキャラクター。
現実世界では忙しすぎて恋人なんて作っている暇もなし。
ところが漫画の世界で生きるカン・チョルと出会うことで一変。
カン・チョルを愛するようになって彼を守る強さを身に着けました。

決して結ばれるはずのない二人なんですけど応援したくなるんですよね。

そして二人の愛を引き離そうとするのがオ・ヨンジュの父という。。。
これ以上は書けませんが。。。。
とにかく父、ものすご~く怖かったです!
本当に怖かったです。
夢に出てくるんじゃないかっていうくらい怖かったです!!!
(後半は特に恋愛ドラマよりサスペンスドラマになってました。)

で、結局なんのドラマだったんだ?って感じですが恋愛ドラマであることには間違いありません。

スポンサーサイト

6月:「ピノキオ」

2017.06.11.Sun.19:30
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ピノキオ DVD-BOX1 【DVD】
価格:15746円(税込、送料無料) (2017/6/11時点)



【キャスト】
イ・ジョンソク、パク・シネ、キム・ヨングァン

【ストーリー】
幼い頃に、火災事故と過熱する報道がきっかけで家族を失ったハミョン(イ・ジョンソク)は、海で助けてくれたゴンピルの養子となりダルポと名前を変えて、生活することになる。ゴンピルの孫で嘘をつくとしゃっくりがでてしまうピノキオ症候群のイナ(パク・シネ)と共に暮らすダルポは、イナの母が当時報道を歪曲したチャオクだと知りつつも、イナを好きになっていく。そしてイナとチャオクがきっかけで、放送記者になることに。/過去と直面するダルポ、母に利用される形で記者の夢が叶ったイナ、イナに好意をもつボムジョ(キム・ヨングァン)、ハミョンが自分のことを好きだと勘違いしてしまったユレ(イ・ユビ)、それぞれが過酷な報道の世界へ飛び込む。成長していく4人が迎える結末とは?そして恋の行方は--!?


ようやく、「ピノキオ」を見ました。
「えっ!?今頃?」という声が聞こえてきそうですが。
大好きなイ・ジョンソクくん主演ということでもちろん見るつもりではいたのですが「君の声が聞こえる」にあまりにもハマりすぎて、イ・ジョンソク&イ・ボヨンのスハ&ヘソンカップル以外受け付けなくなっていたんです(苦笑)

「ドクター異邦人」にもチャレンジしましたがこちらはストーリーが重くて現在、途中まで見て中断中。

「ピノキオ」は脚本&演出が「君の声が聞こえる」のコンビということで間違いないだろうと確信はしていました。
ただ、とにかくスハとヘソンじゃないという理由だけで先延ばしにしていたんです。
そんなわけで先延ばしにしていた「ピノキオ」ですが見た感想は面白かったです。
でも「君の声が聞こえる」ほどではありませんでした。

ハミョンとイナのラブストーリーがメインで描かれていましたが、それと同時に記者として成長していく姿も描かれていました。
13年前の火災事故で家族を失ったハミョン。
当時、ハミョンの家族を死に追い詰めるほどの報道をしたのがイナの母親、ソン・チヤオク。
家族の仇と分かっていながらイナのことを好きになって苦悩するハミョン。
またハミョンのことを好きになり母親とハミョンの関係を知って苦悩するイナ。
更にイナには「ピノキオ症候群」という疾患が。。。

仇同士である二人が試練をどう乗り越えるのか。。。

そしてもう一つ。
記者として成長していく二人。
両親を記者に殺されたといってもいいハミョンが一番憎んでいる記者になり13年前の事件の真相を明らかにしていくうちに離れ離れになっていた兄のジェミョンとも再会を果たすのですが、悲しい再会となりました。
ただその再会が彼を真の記者として成長させていくきっかけになります。

見応えはあったんですけど何か物足りなかったのも正直なところです。
でもジョンソクくんは相変わらず安定した演技力だしパク・シネちゃんとこコンビの爽やかで良かったです。
でもあくまでもスハ&ヘソン派ですが!
あと脇を固めるベテラン俳優さんたちが良かった!
とくにキム・ヘスクさん。
息子の名前をデパートの名前にするほど息子を溺愛するボムジョデパートの会長、パク会長。
最初は「うわっ、この親子はΣ(´Д`lll)エエ!!」って思うほどすごい親子でパク会長の溺愛っぷりが異常だったんですが、この親子の関係も話が進むにつれて変わっていきます。
とにかくキム・ヘスクさんの怪演、お見事でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。