スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月: 『私はチャン・ボリ!』

2016.03.29.Tue.20:00
私はチャン・ボリ! DVD-BOX1 [ オ・ヨンソ ]

私はチャン・ボリ! DVD-BOX1 [ オ・ヨンソ ]
価格:14,288円(税込、送料込)


【キャスト】
オ・ヨンソ, イ・ユリ, キム・ジフン

【ストーリー】
韓服(ハンボク)の名家「ピスルチェ」の後継者の座を競うイナ(キム・ヘオク)とオクス(ヤン・ミギョン)。ある大雨の夜、イナに執拗に追われたオクスの車が運転を誤りオクスの夫は事故死、イナの娘ウンビは一人現場に取り残される…。15年後、記憶を失くしたウンビはボリ(オ・ヨンソ)と名付けられ、ソウルから遠く離れた長興で養母ヘオク(ファン・ヨンヒ)の食堂を手伝いながら暮らしていた。そこでボリは素性を隠したオクスに出会い、韓服職人を目指すようになる。そして、検事として赴任してきたジェファ(キム・ジフン)と事あるごとに顔を合わせるようになり、衝突しながらも次第に距離を縮めていく。一方、貧しい田舎暮らしを嫌うヘオクの実娘ミンジョン(イ・ユリ)は孤児であると偽り、イナ夫婦の援助を受けて「ピスルチェ」の弟子となっていた。やがてボリとミンジョンは運命に導かれるように「ピスルチェ」で再会、ライバルとして激しいバトルを繰り広げることとなる。

全74話、完走しました!!!!
最初の頃はそう、面白くなかったのですがポリがウンビだと分かってからの後半は面白かったです。
ただ最終回はあまりにもあっけなく終わってしまい拍子抜けしてしまいました。
一応、「サクセスラブストーリー」とはなっていますがこれはドロドロ系のマクチャンドラマでしょ!

それだけボリのライバル、ヨン・ミンジョンが凄かったってことなんですけどね(;゚Д゚)
イ・ユリさんの悪役はこれまで数々見てきましたがこのミンジョンは一番でした。
(しかもお顔がサイボーグのように見えてしまい更に怖さが倍増)
2014年のMBC演技大賞を受賞されたのも納得です。
この役、相当体力使ったろうなぁ~って思っちゃいました。

あとちょっと残念だったのが主役のチャン・ボリ。
オ・ヨンソさんのお顔があまり得意ではなかったのでボリに感情移入できなかったんですよね。。。
あと、訛りがね。
あんなにミンジョンオンマから虐めれてきたのに育ての親だからかな~
憎みきれず、優柔不断な感じが見ててイラっとしたり。。。。

イラっとするといえばミンジョンオンマとウンビオンマ。
この2人は最初から最後までダメでした。
特にミンジョンオンマ。
ボリにあんなひどいことをしておきながら、やっぱりわが子可愛さでミンジョンの為ならどんな悪事も働く。
ミンジョンを改心させるみたいな事を言いながらも結局ミンジョンを助けてるんですよね。。。
都合の良い時だけ「ボリ!ボリ!」と言って、ミンジョンの立場が悪くなるとミンジョンを助ける。
今迄見てきたドラマの中で一番、ダメな母親だった気がします。

見ててイライラするドラマではありましたが、ビダンとムン室長を見る時だけは心穏やかにこのドラマを見る事ができました。
ムン室長はてっきり早々にお役御免のキャラかと思っていましたがあそこまで絡んでくるとは!
そしてビダン。
ビダンを演じるキム・ジヨンちゃん、泣きの演技も笑顔の演技も完璧。

bidan.jpg

後半から最終回はこの子が主役ではと思うくらいの大活躍でしたね。
正直、ビダンとムン室長を見たいからこのドラマを見続けたと言っていいくらいです。

ドラマも面白かったですがぜひビダンを見てもらいたいですね♪
スポンサーサイト

3月: 映画『ちはやふる』見てきました♪

2016.03.27.Sun.19:25
昨日見てきました映画『ちはやふる』
原作の漫画が読んだことがなくアニメから入ったんですけど、そのアニメも途中までしか見てなくてストーリーはあらかた知っている程度で行ったんですけど原作を知らなくても十分楽しめると思います。

泣いて笑って面白かったです!

前半は正直、マンガっぽいドタバタ劇で(原作がマンガだから仕方ないんですけどね)見ながら「あぁ、ハズレかぁ~」って思ったんですけど中盤から後半、めちゃくちゃ良かったです。
特にかるたの試合、臨場感溢れて千早達と一緒に息を飲んでいました。
制作会社がROBOTということで納得。


「ちはやふる -上の句・下の句-」予告


「ちはやふる -下の句-」予告

それにしてもキャスト、良くピッタリの人を集めましたね!
肉まんくんと机くんはマンガのキャラとビジュアルは違っていたんですけどやっぱり肉まんくんと机くんだったし、それよりなにより太一と新。

野村周平くんが太一。
真剣佑くんが新。
キャストが発表になった時、「えっ!?逆じゃない。」と思ったんです。
その後、Twitterなどを見ていると私と同じ意見の方も結構いて「やっぱり逆だよね。。。」って思ったんです。

でも映画を見てビックリ。キャスト逆じゃダメでした!
野村周平くんは太一で真剣佑くんは新でないと。
上手く言えないんですけど。。。
見た目からいったら逆の方が合ってるような気がしたんですけど、内面が。。。。

新と千早にコンプレックスを持ちながら、悩みながらも段々部長として成長していく太一。
野村周平くんが本当にピッタリで太一にしか見えず。。。
そして福井訛りで物静か。
だけどかるたに対する想いは人一倍強い新。
こちらも真剣佑くんがマンガの中から新が飛び出してきたかのようにピッタリでした。

下の句も楽しみです。
下の句といえばいよいよ若宮詩暢が登場。
千早との対決が楽しみです。

3月: 「ダメな私に恋してください」面白かったです♪

2016.03.21.Mon.13:35



録画しておいた「ダメな私に恋してください」の最終回見終わりました。
久々に私の中で大ヒットした日本のラブコメドラマでした♪

ディーンフジオカさん演じる主任のドSっぷりにもハマったし、深田恭子ちゃん演じるミチコはまたカワイイし、サブキャラの最上くん、晶さん、春子さんetc。。。
みんな魅力的で大好きなキャラでした。

見る前は全然期待していなくて、ヒロインは旬を過ぎた深田恭子ちゃんが主役だし正直ディーンフジオカさんが出ていなかったら見てなかったと思います
始まった当初も「なんかマンガっぽいなぁ~」って思いながら見てて(原作マンガなんですけどね)「やっぱハズれかなぁ~」と思い始めて見るのやめようかと思ったんですけど段々これが面白くなっていったんですよね。

ディーンフジオカさんの人気がこのドラマを大きく引き上げてくれたと思うんですけど、とにかくミチコが頑張り屋さんでカワイイのと深田恭子ちゃんがミチコのキャラにピッタリだったんですね~

あと最上くんの優しさが本物なのか偽物なのか?結婚詐欺師?って探りながら見てるのも面白かったです。
あと晶さん、見た目はバリバリのキャリアウーマンなんですけど心は乙女ってね。
あと春子さんは絵に描いたような笑顔がステキな女性が憧れる女性って感じで。

ストーリーも中だるみすることなくスルスル~とハッピーエンドに向かって良かったですね。
やっぱりドラマは明るく笑えるものがイイです

3月: 『家族なのにどうして~ボクらの恋日記』

2016.03.15.Tue.20:16


【キャスト】
ユ・ドングン、キム・ヒョンジュ、ユン・パク
【ストーリー】
豆腐屋を営む父スンボンと共に暮らすチャ家の三姉弟。長女ガンシムは大企業の会長秘書、長男ガンジェはエリート外科医、そして次男のダルボンは就職浪人中でバイト生活を送っている。そんなある日、12年前にダルボンと結婚を誓ったという女性ソウルが家にやってきて、ひょんなことから同居することに! 最初は突き放すダルボンだったが、ソウルの純粋さに次第に惹かれ始めていく。ところがそんな時、ダルボンの幼なじみで犬猿の仲のウノが現れ、ソウルをめぐるバトルが勃発! さらに、ガンシムとガンジェの周りでも恋のハプニングが巻き起こり…!?

2014年韓国No.1視聴率44.4%を記録!
KBS演技大賞6部門受賞!
製パン王キム・タック」脚本家が贈る『家族なのにどうして』見終わりました♪

最初はダルボン&ソウル&ウノの恋愛ドラマなのかなと思って見始めたんですけど、父親の病気や死を通しての「家族とは」「家族愛とは」「理想の家族とは」といった家族がテーマの主軸になっていったドラマでした。

少し今の私の状況と似ているところもあり、父親の子供たちに対する想いや子供たちの父親へ対する想いがいつも以上に伝わってきていつのまにか泣きながら見ていることがしばしばありました。
病名を告げられたスンボン、残り僅かとなった人生をどう過ごすか。。。。
彼が選んだのは治療ではなく家族と過ごすこと。
それも特別なことではなく普段通りの日常を過ごすこと。
普段通りに家族と楽しく暮らし、沢山の思い出を作ってそれを家族に残して静かに息を引き取る・・・・・ことを選んだスンボン。
なんかそれが見ていて切なくなるんです。
最初、子供たちは父親が病気だと知らないので反発することが多々あったんですけど、余命いくばくもないことを知ったあとも涙をこらえながら普段通りに接するあたりが見ていてまた切ない。

そしてスンボンが亡くなったあと子供たちは心の中で父親に会えない寂しさを抱えながらも普段通りまた生活していく・・・・
本当にこれが人生なんだなぁ~って。

ここまでだとすごく重い感じがするんですけど、ガンシムを始め子供たちのキャラがかなり個性的だったのと生と死を取り上げながらもダルボンとソウルとウノの恋愛も入ったり、子供たちの結婚、夫婦生活などが面白ろおかしく作られていたのでそんなに重い気持ちに最後ならかったのが良かったです。
私的にはガンシムとテジュキャラがちょっとオーバー気味で苦手だったので(最後は良くなりましたが・・・)そこだけがマイナス1って感じですがドラマとしてはとても良かったと思います。

見終わって号泣しながらも最後は心温まる感じで終れたのが良かったです。

3月: ようやく初詣へ。

2016.03.05.Sat.19:47
20160305_100430.jpg


1月と2月はずっとお天気が悪く、初詣に行くのも延び延びになっていましたがようやく今日行ってきました。
やっとこれで年が明けた感じです(^-^)/

今日はお天気も良くて暖かく良い初詣日和でした。
梅の花も終わりかけではありましたがまだ綺麗に咲いている所もあり、目の保養にもなりました。

さすがに3月ということで参拝客はだいぶ減っていましたが、外国人観光客特に韓国の方が多かったです。
7、8割はそうだったと思います。

昨日、会社で色々ありモヤモヤ~としていたんですけどお参りに行ってすっきり。
「また気持ちを切り替えて頑張るか!」という気持ちになりました。

さっ、また明日から頑張りましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。