5月: 映画「ちはやふる-下の句-」

2016.05.01.Sun.19:10
5月がスタートしました。
4月は花粉症→風邪を拗らせて体調を崩してしまい、ブログは放置状態。
まだ本調子ではありませんが昨日、映画「ちはやふる-下の句-」を見に行ってきました。



上の句と同様、下の句も面白かったです!
ただ、これは上の句にも言えるのですが序盤がちょっと間延びするというか・・・・
私個人的にはかるたの大会のあの臨場感&緊迫感をもう少し長めにして序盤の学園ストーリー的な部分はもう少し短くても良かったかなぁ~って。
でもあの序盤のストーリーがあるから後半盛り上がるのも事実だし。。。
難しいところですね。

しかし、下の句はなんといっても後半登場した『若宮詩暢』の存在感が凄かった!
後半の主役は若宮詩暢といってもいいくらい。
あの圧倒的な存在感を松岡茉優さんは見事演じてましたね。
本当に「リアル若宮詩暢」でした。

続編も決まり、また千早や太一、新に会えるのかと思うとワクワクです。

3月: 映画『ちはやふる』見てきました♪

2016.03.27.Sun.19:25
昨日見てきました映画『ちはやふる』
原作の漫画が読んだことがなくアニメから入ったんですけど、そのアニメも途中までしか見てなくてストーリーはあらかた知っている程度で行ったんですけど原作を知らなくても十分楽しめると思います。

泣いて笑って面白かったです!

前半は正直、マンガっぽいドタバタ劇で(原作がマンガだから仕方ないんですけどね)見ながら「あぁ、ハズレかぁ~」って思ったんですけど中盤から後半、めちゃくちゃ良かったです。
特にかるたの試合、臨場感溢れて千早達と一緒に息を飲んでいました。
制作会社がROBOTということで納得。


「ちはやふる -上の句・下の句-」予告


「ちはやふる -下の句-」予告

それにしてもキャスト、良くピッタリの人を集めましたね!
肉まんくんと机くんはマンガのキャラとビジュアルは違っていたんですけどやっぱり肉まんくんと机くんだったし、それよりなにより太一と新。

野村周平くんが太一。
真剣佑くんが新。
キャストが発表になった時、「えっ!?逆じゃない。」と思ったんです。
その後、Twitterなどを見ていると私と同じ意見の方も結構いて「やっぱり逆だよね。。。」って思ったんです。

でも映画を見てビックリ。キャスト逆じゃダメでした!
野村周平くんは太一で真剣佑くんは新でないと。
上手く言えないんですけど。。。
見た目からいったら逆の方が合ってるような気がしたんですけど、内面が。。。。

新と千早にコンプレックスを持ちながら、悩みながらも段々部長として成長していく太一。
野村周平くんが本当にピッタリで太一にしか見えず。。。
そして福井訛りで物静か。
だけどかるたに対する想いは人一倍強い新。
こちらも真剣佑くんがマンガの中から新が飛び出してきたかのようにピッタリでした。

下の句も楽しみです。
下の句といえばいよいよ若宮詩暢が登場。
千早との対決が楽しみです。

11月: 三浦大知「Choreo Chronicle 2012-2015 Plus」12月16日発売!

2015.11.15.Sun.20:00


12月16日に発売となる三浦大知の「Choreo Chronicle 2012-2015 Plus」
三浦大知といえば歌とダンス

毎回、コンサートではこの歌とダンスのパフォーマンスのすごさに圧倒されるのですが、その中でも先月行ったコンサートでひときわ強烈に印象に残ったのが「Unlock」

「Unlock」


話題を集めた菅原小春との競演ビデオ「Unlock」

ボキャブラリーが少ないで上手く表現できないのですが本当にとにかくすごかったです。
この激しいダンスを踊っているのに歌声はメロディーから外れることなく完璧。

そのMVを含んだミュージックビデオ&コレオビデオ集第2弾が発売されるということでこれは買おうかなぁ~って思っています。

10月: 『ちはやふる』(2016年3月、4月公開)予告映像解禁!

2015.10.09.Fri.19:15
広瀬すず、初ロングヘアで髪を振り乱して絶叫も…『ちはやふる』予告映像解禁

女優の広瀬すずが主演し、人気コミックを2部作で実写映画化する『ちはやふる』(2016年3月、4月公開)の予告映像が解禁された。キュートなショートカットでおなじみの広瀬の、人生初というロングヘア姿が映像でお披露目されている。

 この日公開された映像では、かるた選手権大会に出場する部員たちの競技かるたシーンも映し出され、日本の伝統文化を感じさせる競技用の和装に身をつつんだ広瀬は、部員たちに向かって絶叫しながら、真剣勝負に向き合っている。そのなかでは、これまでの広瀬には見られなかったような鬼気迫る鋭い目つきや、髪を振り乱しての険しい表情も見せており、競技かるたの厳しさと激しさがひしひしと伝わってくる。

 同作は、競技かるたに情熱を傾ける高校生たちの友情や恋愛、成長を描く青春ストーリー。かるたをこよなく愛すヒロイン・綾瀬千早役で映画初主演を務める広瀬をはじめ、同級生の真島太一役を野村周平、千早をかるたの世界に引き込んだ綿谷新役を真剣佑、そのほか上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希ら人気若手俳優が集結している。




今日解禁になった映画『ちはやふる』の予告映像。

私は原作は読んでいなくてアニメから入ったんですけど(アニメも途中なんですけどね)
競技かるたの聖地と言われる「近江神宮」が現われた時は
かるたをやっていない私でも「近江神宮だ!」と鳥肌ものでした!

キャスト発表があり千早を広瀬すずちゃんが演じると決まった時は
正直、私のイメージする千早とは違っていました。
千早はもっとスラっと背が高くて大人っぽい美人のイメージ。
一方すずちゃんはどちらかというと末っ子で可愛らしい感じだったので。

ところがこの予告映像を見てビックリしました。
千早がそこにいました
まだ30秒と短い映像ですが競技かるたの臨場感、そして闘う時の千早の目。

それまで見に行こうかどうしようか迷っていましたが来年公開されたら見に行きます!
その前にアニメと原作の漫画を制覇しなければ

10月: 最近見た日本映画

2015.10.05.Mon.19:14
このところドロドロ系の韓ドラばかり見ていてちょっと明るいのが見たいなぁ~と
日本の映画を数本見ました。

「近キョリ恋愛」「クローバー」「ホットロード」(ホットロードは明るくないか(^_^;))
どれも恋愛ものだったのですが
「近キョリ恋愛」は先生と生徒の秘密の恋愛
「クローバー」はドS上司との恋愛
「ホットロード」は思春期の子達の不器用な純愛
といった感じでした。


この中で一番おもしろかったのは「クローバー」
ストーリーも最初から最後までスッキリとまとまっていたし
武井咲ちゃんも可愛かったし何より大倉くんが意外とドS上司、似合ってました。
最初登場したときはそんなにイケメンでもないし「う・・・ん」って感じだったけどだんだんあのドSっぷりがツボにハマっていったというか。
ちゃんと胸キュンポイントもあるし♪
この映画はお薦めですね。

あとの2作品。


「近キョリ恋愛」はホント女子高生があこがれる物語ですよね。
先生と生徒の秘密の恋。
っていうかあんな山Pみたいなカッコいい先生、そもそもいないし!
2時間足らずの尺でおさめるにはトットと話を進めないといけないんだろうけど
櫻井先生がいつゆにを好きになったのかサッパリ分からなかったです。
そして付き合ったか付き合っていないのかも分からないうちに「卒業したら結婚しよう」って
「はぁ?」って感じ。
この映画は山Pファンの為の映画でしたね。


そして「ホットロード」
見終わって思ったのは悪くなかった。でも何故今、ホットロードを実写化?
原作ファンには懐かしい映画だったと思いますが今の若い人にこのストーリーはありなのだろうか?と思いました。
これも登坂広臣 さんファンの為の映画かなぁ~って。
決して演技は悪くなかったんですけど春山ではなかったですね。
正直、年齢がちょっと上過ぎました。
「ホットロード」として見なければ可でも不可でもない映画でした。
これは漫画で終わっていて良かったかな。。。