FC2ブログ

2008韓国旅行記 10月14日編 その①

2008.10.18.Sat.17:23
10月14日、火曜日

本日も7時起床。
いよいよ今日は最終日。
帰る日はやっぱり寂しいなぁ・・・と思いつつも足は朝食を食べるためにB2Fへ

そこで何とも嬉しい偶然が
そら達が朝食を食べているホールの出入り口から入ってきた2人の男性。
一人は白人男性でもう一人はフィリピン系の男性。そのフィリピン系の男性には見覚えが
「5月に会った人と何か似てない!?」とそら達2人、じっとその男性を目で追いかけていたのですがその視線に気付いたらしく、その男性もそら達をじっとみて「あっ!」と笑顔で手を振ってきました
「あっ!やっぱり!」とそら達も嬉しくなって思わず手を降り返しました!
実はこの男性、5月の旅行の時同じホテルに宿泊していて朝食の時やらそら達が出かける時やら帰って来た時やらチェックアウトするときやら偶然とはいえ、本当にちょくちょく偶然に会っていたんです。
(同じホテルに宿泊しているとはいえ、そんなに他の宿泊客の人と何度も会わないですよね
最後の方には「はぁい~とか言っちゃってお互い手を振ったりなんかして。。。。
その時、友達が名刺を貰っていたんですけど結局メールせずそのままに。。。
そうしたらその彼とまさかの再会
その男性もこの偶然の再会にはかなりビックリしていました。
当然、彼はビジネスで宿泊しているのですが、そら達は旅行。
「君達はいつもバカンスだねと言われてしまいました。
いやいやちゃんと働いてお金貯めてきているんですよ

前回は写真を撮るのをすっかり忘れていたのですが、今回は忘れずに一緒に写真を撮りました!
写真をメールで送ることを約束し(・・・と言っても送るのは英語ができる友達からです。)お別れを言って一足先に出たのですが、これまた偶然にもチェックアウトも済ませフロントでゆっくりしている時にまた会ったんです
ホントこれは何か縁があるとしか思えませんね!!!!
本当にビックリしたうれしい出来事でした

食事を済ませた後は荷物をまとめ10時頃チェックアウトを済ませました。
チェックアウトをしても荷物はそのまま預かってもらいロッテデパートへお土産を買いに行きました。
デパートではお土産のお菓子をちょこちょこ購入。
他にも洋服や靴やバックなど色々見て回りたかったのですが、12時に仲良しのホテルのスタッフさんとご飯を食べに行く約束をしていたので急ぎ足でホテルへ戻りました

ホテルへ戻ると今日はなんとスタッフ全員が勢ぞろい
こんな事は初めてです。嬉しくてみんなで写真を撮りました。
ソウルナビや他のサイトのクチコミにもスタッフの評判の良さは書かれていますが、本当にとても良い方ばかりなんですよ
写真を撮った後、ホテルのマネージャーさん2人とスタッフさん2人、そしてそら達の計6人で仁寺洞にある韓定食のお店へ行きました。
仁寺洞のメインストリートから横に入ったお店でさすがに韓顧客のお客さんはいなかったです。

とにかくお料理の数がすごい事!
野菜ピビンパ、テンジャンチゲ、牛肉のコチュジャン炒め、ケランマリ(玉子焼き)、チャプチェ、2種類のナムルに豆腐、刺身こんにゃくみたいなもの、チヂミ、トッポッキ、白いご飯。

P1020784.jpg

少し甘めのチャプチェとキムチとごはん。

P1020783.jpg

チヂミとナムルと豆腐。

P1020785.jpg

野菜ピビンパとテンジャンチゲ。

P1020786.jpg

トッポッキ。

P1020788.jpg

牛肉のコチュジャン炒め。

どのお料理もとても美味しかったです

最後にやっと韓国料理!っていうお料理を食べた気がします

スタッフの皆さんとは日本や韓国食べもの、TV、歌、ファッションのことなど色々な話をしてとても楽しい時間をすごしました。
食事も終りホテルへ一旦帰りましたが「スタッフの方たちへお礼をしたいね」と話し、お菓子を買いに再び外へ。
最後の最後までしっかり歩くそらたちです
清渓川沿いをのパン屋さんでクッキーの詰め合わせを買いスタッフへ渡しました。
とても喜んでくれたので良かったです
2時半を過ぎ、名残惜しいですがそろそろ出発することに。
スタッフによくよくお礼を言いホテルを後にしました

2008韓国旅行記 10月13日編 その②

2008.10.17.Fri.23:53
両手に持った荷物を置きに帰り、本日のメインイベント「シュキラ」を見に行くために再びホテルを出ました。
場所はヨイドにあるKBSの本館。
10時からの放送だというのに着いたのは7時。
長い3時間の始まりでした・・・・

スタジオは外の窓から見えるように作ってあるのですが、外の観覧席→スタッフルーム→スタジオとイトゥクとウニョクまでの距離は思ったより遠かったです。

日も暮れ、だんだん寒くなってきました
寒いしお腹も空いてきたので近くにあった「キンパッチョングッ」で普通のキンパッ(1,000ウォン)とキムチキンパッ(2,500ウォン)を買いました。

P1020753.jpg

注文したキムチキンパッが作られている様子。

チェーン店で至るところにあるこの「キンパッ天国」
初めて買って食べましたがおいしかったです
これに暖かいお味噌汁があれば最高だったんですけどね
ご飯を食べた後、再び暇になったそら達は真っ暗な空の下、写真を撮ったり運動したりして10時になるのを待ちました

9時を過ぎたあたりからワラワラと何処からともなく女子高生やらSJのファンの子達が集まり始め、ちょっとにぎやかになってきました。
その中に日本人らしき人を発見!声をかけてみると、やはり日本人の方でシャイニーの追っかけさんでした。
今日は何も予定がなかったのでフラッと見に来たとのこと。
ちょっとの時間でしたが、初めて本物(「本物」のっていうのも変ですが)の追っかけさんとお話しをして改めて「追っかけさんってスゴイ」と思いました。
スゴイって何がと思われるかもしれませんが、上手くいえませんがすべてにおいてです
その方と話しているうちにいつの間にか2人がスタッフのスタジオへ。

このボーダーの彼はイトゥク、パーカーの彼がウニョです。
そらはてっきりウニョかと思っていたらイトゥクでした。

IMG_0759.jpg

TVとかでは華奢なイメージのイトゥクでしたが、意外と背中はがっしりしていました
ウニョの方はというと・・・・いつのまにかスタジオの中へ入っていました。
10時になり放送スタート

P1020762.jpg

実際放送がスタートするとこんな感じ。(2人よく見えないし)

しかしこの2人、座りっぱなしでほとんど動かない・・・・

ソンミンは「ちょんじ」の時、腹筋姿まで披露してくれていたのに。
しかも顔の小さい2人だから前にあるマイクにすっぽり顔が隠れてよく見えないし。
見に来ている子達がうるさくてラジオ放送もよく聞えないし。
45分ほど見てタクシーでホテルへ戻りました

ホテルへ着いたのは11時すぎ。
残っていたキンパッを食べ、一息ついてから荷造り開始
テトリスのブロックの隙間を埋めるような作業を続け、やっと終って眠りについたは夜中の2時過ぎでした。

ふぅ~明日はいよいよへ帰国です。
あっという間だったなぁ・・・

2008韓国旅行記 10月13日編 その①

2008.10.17.Fri.23:14
10月13日、火曜日
7時30分起床。
今日もすこぶる良い天気

何の予定を決めていなかったそら達ですが、今日はモッシドンナへ行ってあの美味しいトッポッキを並んでも食べる事だけは決めていました
とりあえず朝ご飯を食べた後はロッテデパートは行き、BBクリームを購入しその後リブロへ行って韓国語のテキストを買う。
それからモッシドンナへ行ってトッポッキを食べる・・・と午前中のスケジュールはこんな感じ。

というわけで、また軽めの朝食をとり9時過ぎにホテルを出発
BBクリームとテキストを購入し一旦ホテルへ戻った後、仁寺洞を抜けモッシドンナへ。
11時の開店時間を過ぎていたので並ぶ覚悟で行ったのですが、路地を曲がったら・・・

誰も並んでいませんでした

「もしかして定休日?」と思いながら中を覗くとお客さんが既に座って食べていました。
ちょうど1席空いていたので待つ事なく、中へ入ることができました

もちろん注文は前回と同じヘムル(海鮮)&チーズトッポッキにおでんとラーメンのトッピング。
締めはもちろんポックンパッ。
待つ事しばし・・・・やってきました!

モッシドンナのトッポッキ
P1020712.jpg

数ヶ月ぶりのそのお味は変わらず美味しかったです

でも少し辛くなっていたような。。。。

食べているうちに結構、ラーメンやトッポッキ、おでんでお腹が膨れていたのですが締めのポックンパッは外せないという事で苦しいお腹をさすりながら完食しました。ふぅ~

会計を済ませてお店を出たときにはいつもの通り長蛇の列が出来ていました。
やっぱりすごい人気です、モッシドンナ。

・・・と決めていたスケジュールはここまで。
一旦ホテルへ戻りソウルナビを見ながら決めることにしました。
ナビを見ながら決めた次の行き先は江南にある江南地下商店街
そこは片道1kmの往復2kmもあるという商店街。
「ここにしよう!」と地下鉄へ乗り込み商店街のある高速バスターミナル駅まで向いました。

商店街に着いたそら達の第一声「すごいっ

その長さをリアルにお伝えできないのが悲しいですが、行けども行けども果てしなく続くお店・お店・お店。
しかも売っている商品がめちゃめちゃ安い!
例えば明洞で30,000ウォン~50,000ウォンくらいで売られている商品が此処だと10,000ウォンとか15,000ウォン、5,000ウォンもざらにありました。

P1020724.jpg

5,000ウォン、本当に美しい価格です

靴もこれまた安く10,000ウォン~25,000ウォンくらい。
いや、もうあまりの安さにただただビックリ!!!!!!
思わず靴と服とジーンズを買っちゃいました

「明洞や東大門、南大門はちょっと飽きてきたわという方にはかなりお薦めです
ただし地元商店街なので全くではありませんが明洞などと比べるとあまり日本語は通じませんのであしからず

もっと商店街の中を見て回りたかったのですが時間もお金もなくなってきたので泣く泣く諦めることに。
思えばモッシドンナでトッポッキとポックンパッを食べてから何も食べていないなぁという事でこのターミナルでご飯を食べる事にしました。
でも辛いものはの気分だったので一度食べてみたかったカルグクスを食べることにしました。

1軒のお店に入りメニューを見るとカルグクスの文字を発見。
しかしその前にサゴルと言う文字が。。。「サゴル」って何?と思いながらも、「まぁ~貝かなんかの意味でしょ!」とそれを注文しました。
麺からでたとろみなのか、スープはトロっとしていて上にはネギ、人参、ズッキーニ、玉葱、韓国のりがのったカルグクス登場。

P1020734.jpg

麺は結構煮込んでいそうな割にはモチっとした感じでスープはなんだか懐かしい味でした。
スジェビとはまた違った美味しさでしたよ。
量は多かったけど美味しかったので見事に完食
(ホテルへ帰って「サゴル」の意味を聞いたら牛の骨だと教えてもらいました。)

2008韓国旅行記 10月12日編 その③

2008.10.17.Fri.22:32
その後、軽めの食事をすることにしたそら達。
せっかくだからこの辺で食べようと歩いていると店先に美味しそうなマンドゥがたくさん並べられていたお店を発見。

P1020680.jpg

アジュンマとアジョッシが2人でやっている小さなお店で「ここでは絶対に日本語は通じないね!」と言いながら入ってみました。
さてどうやって注文したらいいのか、さっぱり分かりません
足りなかったら追加注文するということでとりあえず回りの人が食べているものを見て、マンドゥとラーメンを1つずつと注文してみました。
しばらくすると少し大きめのマンドゥが8個、それとラーメン(もちろんインスタントですよ)が運ばれてきました。

P1020678.jpg

マンドゥは蒸してあり酢醤油をつけて食べました。
あっさりしていて美味しかったです。
ラーメンはいつも家で作る韓国の辛ラーメンの味と変わりなかったです
たしかこれで5,000ウォンくらいだったような。。。安いですよね
マンドゥでお腹いっぱいになりました

その後、市庁前の広場を通り明洞で買い物をして帰ろうとしていたその時。
市庁前の広場ではイベントがあっていました。
客席からの歓声がすごかったので、ちょっと覗いて行こうということに。
すると、な、な、何と3組の歌手がステージ上で歌ったあと紹介されたグループはあの「ワンダーガールズ」だったのです

超ラッキー!会場もそら達も大興奮!!!!
しかも新曲の「Nobody」と大ヒット曲「HOT」の2曲披露。
実物の彼女達はホント細くて可愛かったです!

P1020692.jpg

興奮冷め遣らぬ中、明洞で少し買物をし帰りの清渓川に新しくオープンしていたRotiboyでこちらのパンをテイクアウトして帰りました。

P1020700.jpg

ソウルナビのクチコミでも美味しいと評判だったこのパン。
メイプルシロップの香りが強くてとっても甘そうな感じだったんですけど、食べてみるとそれ程でもなく中にちょっと塩気がきいたバターがしみていて美味しかったです。
これちょっとハマリそう

さぁ、いよいよ明日はシュキラを見に行きますよ
早く寝なきゃね・・・ということで1時過ぎに就寝
(早くはないですな

2008韓国旅行記 10月12日編 その②

2008.10.17.Fri.21:56
ホテルへ戻り、一休みしたのちロビーへ下りたそら達。
実は今日のお昼ブログを通してお知り会いになったkaffeさんとご家族(旦那さまと息子さん)と会う約束をしていたのです。

約束の時間通りロビーに来られたkaffeさん。
そらの友達を含め、3人お互いに初めましての挨拶をし場所を移動して食事をすることにしました。
車に乗り込むとブログでいつも見ている息子さん、そして運転席には旦那様が乗っていらっしゃいました。
息子さんは来月のお誕生日がきたら1歳。
ホントにブログで見るより遥かに可愛かったです
旦那様も物静かで優しそうな方でした。

kaffeさんはとても気さくな方で話せば話すほど素敵な人だなぁと思いました
話しは韓国に興味を持ったきっかけや韓国での暮らしのこと、好きな芸能人の話しetc・・・
話始めたら話はつきませんでした。

時間が経つのはあっという間で全然、時間が足りませんでした
梨大まで送っていただき「またぜひお会いしましょう!」とKaffeさんたちご家族とはここでお別れしたのでした。
ぜひ次回はご自宅へお邪魔して、時間を気にせずゆっくりおしゃべりしたいと思いました

ちなみに今回、食事をした場所は鐘路1街にあるブッフェレストランだったのですが、韓国に来て初めてこのような洋風なレストランへ行きました。

P1020658.jpg

いつも食堂とかフードコートとかで食べていますからね。
ブッフェスタイルという事でお料理の種類も沢山ありました。
韓国料理、和食、洋食、デザート、フルーツetc
味もなかなか美味しかったですよ

韓国料理に飽きたとき利用するにはもってこいのお店かも

P1020656.jpg

Kaffeさん達と別れてからそら達は梨大を散策。
前回はよく下調べして行っていなかったので手前の方でUターンしてとっとと帰っちゃたんですよね
今回はバッチリ結構、奥の奥まで回りました。

女子大の近くということもあって洋服屋さん、靴屋さん、アクセサリー屋さん、ネイル屋さんの多いこと

P1020665.jpg

梨大だけでなく、至るところでIKKOさん、発見。

特にネイル屋さん、あっちもこっちもネイル!ネイル!といった感じで本当に多かったです。
そのうちの1軒にそら達も入りネイルをやってみる事にしました

ネイルショップに入るのも初めてならやってもらうのも初めて。
恐る恐るお店の中を覗きこみ一応「イルボンマル ケンチャナヨ?(日本語大丈夫ですか?)」って聞いてみました。
(こんなにはっきり韓国語で「日本語大丈夫ですか?」って聞くのもちょっと可笑しいですけどね。)
当然、「モッテヨ~(出来ません)」という返事が帰って来たのですが、チャレンジャーのそら達。
「ここまできたら、やってもらおう!」とお店の中へ入りました

最初はお互い黙っていたそら達と店員さん達
何がきっかけだったか忘れてしまったけど、そら達が少し韓国語を話せると分かってからはさっきまで黙っていた店員さんたちが明るく一変

ネイルが終わるまで日本&韓国の芸能人や歌手の話題で大盛り上がりでした
ネイルが終った頃はすっかり打ち解けて店員さんと記念写真まで撮ってお店を後にしました。